© 2019 一般社団法人アスリートデュアルキャリア推進機構 

What is Dual Career?

デュアルキャリアとは

アスリートは社会で活躍する

​「土台」を培っている

近年、「デュアルキャリア」という言葉が注目を集めています。

現役のアスリートでありながら、競技以外の取り組みも行う。

『「人」としての人生を歩みながら「競技者」としての人生を歩む』とも表現されます。

 

しかし、全てのアスリートが

そのような意味での「デュアルキャリア」を実践することは困難です。

 

なぜなら

「競技に専念したい」選手が

数多く存在するから。

 

最高の結果を目指して競技に専念することは

本当に素晴らしいことです。

 

一方で

そんなアスリート達が引退後に

「スポーツしかやってこなかったから、他に何もできない」

と口にすることがあります。

 

私自身も、現役引退直後は同じように感じていました。

 

しかし、本当にそうなのでしょうか?

 

スポーツの経験は、アスリートの人生にとって

無駄なものなのでしょうか?

 

アスリート達は

どのように引退後のキャリアを紡いでいけばいいのでしょうか?

その答えは、目の前にあります。

 

アスリート達は、知らず知らずのうちに

「武器」を手に入れているからです。

 

例えば、アスリートは日々課題に直面する中で

課題の原因を分析し、解決策を考え、トレーニングに落とし込む...という

プロセスを行うことが習慣になっています。

 

このプロセスは、スポーツだけに限らず

様々な領域で生きていく上で土台となる考え方です。

 

これは、私自身が

公認会計士受験やビジネス経験を通じて

感じたことでもあります。

 

スポーツの日々の学びが

社会の様々な場で活躍する「土台」となる。

 

複数の活動を同時並行で行うだけにとどまらない。

 

これが、ADCPAが考える

デュアルキャリアの在り方です。

現役時代から積極的に

様々な活動を志すアスリートだけでなく

 

競技にひたむきに向き合ってきたアスリートの

可能性も広げていきたい。

 

ADCPAは

全てのアスリートが持つ可能性を最大限に引き出し

スポーツの振興・発展、スポーツ業界の市場規模拡大に貢献していきます。

 

ADCPA代表理事

         奥村武博